網戸や窓の掃除の仕方

網戸や窓の掃除の仕方

スポンサードリンク

きれいに磨かれた窓ガラスは、とてもさわやかな気分になるものです。

 

大掃除の際に網戸や窓の清掃をしておけば、気持ちよく新年を迎えられるはずです。

 

濡れ雑巾でホコリを除去

窓についた汚れのほとんどは、ホコリと言われています。軽度な汚れの場合は、濡れ雑巾でぬぐうだけで除去できます。

 

雑巾を使ってきれいにした後に丸めた新聞紙で服と、雑巾の繊維を落とせるとともにインクの油分で窓がさらにきれいになります。

 

排気ガスやタバコのヤニが付いているとき

排気ガスやタバコのヤニなどが付着しているようなら、窓用洗剤を用いて清掃していきましょう。ガラス用のスクイージーを用いて清掃していくと、効率良く汚れを落とすことができます。

 

 

網戸の掃除の仕方

また、窓だけでなく網戸も掃除しておきましょう。網戸を取り外したらまんべんなく水をかけ、洗剤をつけたブラシを使ってこすっていきます。きれいにできたら泡を流して、乾かしておきます。

 

網戸の掃除にはこのアイテム!

08 あみ戸びっクリーン
柄つきあみ戸びっクリーン

 

あみ戸のホコリ1年分をたったの5分で除去してしまいます。使っている時間が短いから、なんとなく寂しい気持ちになりますね(泣)。

関連記事
1,500円以下で大掃除がラクになる超便利グッズ10選

 

大掃除の際にはレールの掃除も

網戸の戸車のすべりがよくない場合は、乾燥後に潤滑油をさしておくことをおすすめします。網戸掃除の合間に、レールもきれいにしておくといいでしょう。

 

レールに汚れが蓄積すると、窓の開閉がスムーズにいきません。いつもは気にしていない場所かもしれませんが、大掃除の際に思い切って徹底的に清掃しておきます。

 

掃除機を使ってだいたいのゴミを除去できたら、しつこい砂やホコリをブラシで掃きながらきれいにしていきます。頑固な汚れには、洗剤を水に溶かしたものをつけて割り箸でごしごししましょう。

 

全部の清掃が終わったら、網戸を元の状態に戻しておきます。これで窓や網戸の大掃除は終了です。

 





このページをシェア