本来の大掃除

本来の大掃除

スポンサードリンク

大掃除というのは、1年間で蓄積した汚れをとって、心穏やかに新しい年を迎えるために実施します。

 

いつもの掃除では忘れがちな細かいところまできれいにするのが大掃除ですが、本来の大掃除には儀式的な意味があると伝えられています。

 

日本では新年を迎えるために、年神様への感謝と五穀豊穣を願って、家に溜まったすすを払ってきれいにするという行事が行われてきました。

これは「煤払い(すすはらい)」と言われ、現在でも神社仏閣では実施されることがあります。

 

煤払いは12月13日に実施され、仏壇や神棚をきれいに整えてからお正月の準備をするというのが伝統でした。

 

どうして12月13日かというと、商家などで奉公にでている人が年が変わったときに里帰りするためだと言われています。現在のように交通手段もあまりなかった当時は、移動にかなりの時間を要するため、早めに行事を済ませておく必要があったのです。

 

大掃除というのは、新年を迎えるための神聖な行事として位置づけられていました。

 

そのため、掃除に使用する道具も神聖なものだという意識があったようです。掃除道具の1つである箒も神聖なものとして捉えられており、

 

「古事記」に「玉箒(たまぼうき)」や「帚持(ははきもち)」として登場します。出産の守護神とされる産神(うぶがみ)が持つものだったことからも、それをうかがい知ることができます。煤払いを行った箒は煤男、煤梵天(ぼんてん)とも言われ、神事で使用する道具でもあったのです。





このページをシェア