エアコンの掃除の仕方

エアコンの掃除の仕方

スポンサードリンク

airconditioner

寒いときや暑いときに大活躍してくれるエアコンも、大掃除のときに清掃しておきましょう。

 

エアコンを汚れたままにしていると、フィルターが詰まってしまい、性能が低下することで電気代が余計にかかってしまいます。

 

エアコンのフィルター内でダニやカビが増えてしまい悪臭を発し、アレルギーを引き起こすこともあるのです。

 

フィルターの掃除から

エアコンの大掃除をする場合は、特にフィルターをきれいにしておきましょう。はじめに電源をオフにして、フィルターを取り出して掃除機を使ってホコリを取っていきます。

 

空気中に舞っているペットの抜け毛や髪の毛、チリ、ホコリなどが堆積しているので、ブラシも併用して念入りに吸い取っていきます。

 

それが済んだら、次に洗剤を使って洗っていきます。薄めた台所用中性洗剤を歯ブラシやたわしにつけて、清掃した後に十分に乾燥させていきます。

 

エアコン本体の掃除

エアコン本体に溜まった汚れも、除去していきましょう。前面パネルを開けてみてホコリが確認できたら、掃除機で吸い取っていきます。上部に蓄積したホコリは、掃除機を使って吸い取っていきます。

 

仕上げ

ダイニングやキッチンにあるエアコンだと、調理時の油煙などが混ざってしつこい汚れとなってしまいます。住宅用洗剤を使ってきれいにして、仕上げに水拭きと乾拭きをしましょう。

 

室外機も一緒にきれいにしておく必要があります。室外機の近くにものを置いておくと性能が低下するので、大掃除のときに片付けてしまいましょう。

 

 

エアコンに汚れが溜まっていると健康にも悪影響を及ぼすので、大掃除をして清潔な状態にしておきましょう。

 

エアコン掃除にはこのアイテム!

10 エアコン洗浄スプレー
エアコン洗浄スプレー 無香性 420mL 2P 【HTRC2.1】

 

エアコンって、掃除しても臭いが残るときがあります。業者に頼むと1万円以上。でも、専用の洗浄スプレーを使えば、ほとんど臭いは消えるんですよね。よく冷える、温まるし。ニオイ・節約・節電対策と一石三鳥です。

 

関連記事
1,500円以下で大掃除がラクになる超便利グッズ10選





このページをシェア